審査課目(少年部)

昇級昇段審査課目(少年部)

帯(級) 稽古日数/在籍期間目安 附則項目 組手審査 学ぶべき知識と徳目
青帯
(7、8級)
週に2~3回程度月に10回程度/3ヶ月から6ヶ月 太極I太極II
足技太極I、II
安三
基本技の理解度 同レベル同年代との1分組手 礼節と親孝行
黄帯
(6、5級)
週に2~3回程度月に10回程度/6ヶ月から12ヶ月 平安I、II、III 移動稽古と約束組手の理解度 同レベル同年代との1分組手 協調性と労りについて
緑帯
(4、3級)
週に2~3回程度月に10回程度/12ヶ月から18ヶ月 平安IV、V 呼吸法と技の理解度 3人組手の完遂者 社会奉仕の精神
茶帯
(2、1級)
週に2~3回程度月に10回程度/18ヶ月から24ヶ月 平安裏I、II、III、IV、V 突きの型・最破 実践と競技試合との違いの理解度 5人組手の完遂者 愛国心と義の徳目について
黒帯
(初段)
週に2~3回程度月に10回程度/24ヶ月から36ヶ月以上
最低年齢13歳以上
撃砕大・撃砕小三戦・征遠鎮 武士道の徳の理解、武人の心構え 10人組手の完遂者 武士道理論の理解と教育勅語の意味の理解

空手を始める年齢によっても受審基準や資格が異なってきます、上記表はあくまでも一般的な基準となります。 少年部クラスの場合は指導員・師範の許可が無ければ昇級昇段審査を受審する事はできません。

子供達の空手道の場合は成長期でもありますので肉体的に過度に強さを求め負荷を与えるのは逆に成長を阻害する恐れもありますので、萎縮しない環境の中で伸び伸びチャレンジ精神を助長する方法として昇級昇段審査を活用するのが子供達にとってはよいでしょう。空手を学ぶ初期の一義的な目的は礼儀作法の習得です、それから努力し困難を乗り越える喜びとそれに必要な精神力を修得していきます。

子供達にとって昇級昇段して帯の色が上位に変わることは大変な喜びとなります、更なるやる気と自信も生まれてきます、昇級昇段した時は保護者の皆さんも大いに子供たちと喜びを共有し大いに褒めてあげる事が大切です。

昇級昇段は簡単ではありませんので、結果を出した場合は大変な価値があります。また子供達の成長は個人差があり十人十色です、不器用で体力が未熟であって、他の子供たちより上達が遅いと思われる事があっても決して諦めずに努力するよう励ますのも大切です。子供達が弱気になった時にその弱気に同調するのは親としては失格です、子供への過度の過保護で子供の権利を尊重しようとする考えや行為は全く間違っています。未熟で未経験の子供の自主性は動物のエゴと何ら変わりはありません、強制や指示や導きがなければ子供たちは怠ける事、さぼる事、楽をする事、自分勝手に生きる事を選びます、それが我儘な、子供達の自主性です。社会の経験者である大人である保護者の皆さんが、子供を正しい道に導くよう強制的に指示しなければ子供たちは立派な大人に成長しないことも保護者の皆さんは強く理解する必要があります。

嫌な事を避けるのではなく、その先にある山を登り切った時の達成感や爽快感を教える為の一歩一歩を、手を変え、品を変え、愛情を持って、褒めたり励ましたり、言い聞かせたりして、上手に歩ませて行くのが重要な親の役目でもあります。

少年部キッズ空手クラスの場合はそうした親御さんの自覚や認識度も子供達の成長に大いに関係している事を自覚頂く必要も御座います。