昇段昇級案内

昇級昇段について

靖献会では級位段位によって帯の色分けを行っております。級位段位は昇級昇段審査にて相応と判断され合格された場合に、昇級(昇段)認定状と共に新しい帯が受け渡され、その資格が認められます。

審査に合格し帯の色が変わることは大変な励みになり自己の更なる精進と成長欲求を助長します。有段者のみに許された黒帯は空手を志す者にとっての憧れです、道半ばで諦めることなく空手道の道を追求し継続する事が黒帯への道です。

日頃の稽古の成果を推し量る意味でも定期的に行われる昇級昇段審査を受け地道に一歩ずつ前進される事を期待いたします。

帯による級位と段位の色分け

帯による級位と段位の色分け
  • 少年部キッズ空手で取得した帯は、継続して稽古を行っていれば、一般成人クラスに成長してもそのまま継続し資格を有する事が可能です。一般成人クラスと少年キッズクラスでは多少審査項目基準が異なる場合もありますが、少年クラスから一般成人クラスに成長する事を見越して帯は与えられますので、一般部に成長しても帯の色で戸惑うことがないよう個人の力量と成長過程を見極め昇級させるよう配慮し昇級昇段は行われております。

昇級昇段審査の時期は年に数回不定期で開催致します。開催の2~3か月前にblogなどで告知いたします。昇級昇段審査を受審するには、以下の項目内容で審査が行われます、審査は審査の時だけの内容で結果が判断されるのではなく、普段からの稽古内容や空手道への向き合い方なども含め、日々の全ての総合的な判断で審査が行われます。

  • 定位置での基本稽古の基礎
  • 移動稽古
  • 指定の型
  • 自由組手
  • 基礎体力(柔軟度・筋力・持久力など)
  • 稽古出席率
  • 行事出席率
  • 努力度
  • 心証(躾・稽古態度など)
  • 空手道の見識度(知力)

審査申込書及び昇級昇段受審説明書は道場にてお受け取りください。